-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005-11-17 03:57 | カテゴリ:未分類
ジャンル:ブログ テーマ:ブログ日記
先日、他の療法セミナーを受講した。
私たち治療家は、常に良い治療法を学ぶ必要がある。しかし、こればっかりは受講してみないと分からない。本当に良い治療法なのか?それともハッタリなのか?受講してみて、そして使ってみて初めて分かることである。すでに開発されたものには、その実績と証明があるため学ぶ価値はあると思われる。しかし、中にはそうでないものも多々あるのは事実である。
カイロ専業者は今は昔と比べ開業者が多くなったが、真の治療家は以外と少ないようだ。それもお山の大将になっている先生方が多い気もする。私たちは病名を治すのではなく、症状を改善するための生活習慣を知らしめる治療をしなければならないと感じている。
それは、症状の殆どはその方の生活習慣からもたらされるからである。症状を生み出した根本を治すことこそ、本当の治療ではないだろうか?

昔から、「魚を与えるのではなく、魚の釣り方を教えるほうが大切!」という格言のような言葉があるが、まさにその通りである。貧しくて食事にも困っている方に食べ物である「魚」を与えて続けていれば、その方はもらうことに熱中するだろう。与えなくなれば死んでしまう。
魚を与えるのではなく、その魚を取る(釣る)方法を教えることが根本なのだ。

症状は改善しなければならないが、症状を引き起こした原因である体の使い方に原因があることを伝えなければならない。その最も大切なものは「姿勢」にある。これが根本中の根本なのだ。

最初に姿勢ありきで、最後も姿勢なのです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。