-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-06-25 05:28 | カテゴリ:膝関節痛・O脚
ジャンル:日記 テーマ:膝の痛み
20代半ばの男性の患者さん

昔スキーで転倒し、それ以来右膝の痛みがある。
いくつかの治療を受けてきたが、改善していない。

たまに歩行しているだけでも膝の後ろに痛みが出るという。

対面で問診していたが、
この患者さんの首をみるとアトピー性皮膚炎があるようだ!

膝の検査では、右膝が過伸展気味、いわゆる反張膝である。
こちら側の足が他方側より長く、骨盤は前方に!
また股関節は、外旋と下方変位していた。

アクティベーターにて、各変位を軽く矯正、すると膝は楽に
曲げられるようになった。それ以外の主訴は感じていないが
変位の箇所も同時に治療終了する。

アトピー性皮膚炎の状態から、頚椎への治療を施して
初日の治療は終了!


1週間後、2回目の治療を実施!
来院時は、すでに膝の痛みや違和感は無くなっていた。

前回の治療のあと、アトピーがかなり引いたらしい。
(思わず、心の中でやっぱりか、、、とうなづく)
患者さんもニコニコ顔であった。

痛みは消失しているが、膝の変位が若干残っていたものを矯正。
さらに頚椎を矯正、次回は少し期間をあけて来ていただくことに!

アレルギーは胸椎中部と頚椎でかなり軽減するケースが多い。
また軽い症状では完治してしまった経験もある。

胸椎中部は腎臓系に関係が深く、
いわゆる副腎皮質ホルモンとの密接なつながりがある。
頚椎は、指令を送る最初の場所であり、医学でも未解明な場所だが
難治性の問題がよく解決するケースも少なくない場所だ。

アレルギー問題は経験的に必ず頚椎を調整してみると
思わぬ良い結果が出るケースも多い。
アトピーや喘息など、著効も期待できる。

アレルギー疾患でお困りの方は、以下のサイトを参考になさって下さい。
アレルギー症状に対する殆どの知識や情報を入手できます。
参考になれば!!
→ アレルギーに負けるな!

習慣的な腕枕や高枕などは避けるべき!
また背中を丸めた姿勢もお薦めではない。



佐賀県佐賀市兵庫町
ライフ・フィールドカイロプラクティック外来センター
スポンサーサイト
2008-06-25 05:13 | カテゴリ:膝関節痛・O脚
ジャンル:日記 テーマ:膝の痛み
先日、久々の患者さんが治療に来られました。60代の女性です。

懐かしさも束の間、足腰が痛くて足も曲げられないし、
足を着くこともままならない状況!

挨拶もそこそこに、診療室に入ってもらい検査を実施!
患者さんいわく、あまりに痛くてどこが痛いのか分らないらしい、、

唯一、痛くて足を床につけない。
よくよく検査すると、腰部と股関節、膝関節に問題あり!と出た。

特に右膝の内側半月版と内側側副靭帯に陽性反応である。

どうして、このように症状になったのか質問すると
医療機関で膝をグイグイ曲げられたのが原因ではないかと?

そのときは然程痛みはなかったらしいが、
帰宅後、激痛に見舞われたそうだ。

それ以降、痛みは強烈で足もつけなく曲げられなくなったらしい。

治療は最初に膝の間隙を開き、曲げられるように調整後、
下腿(膝から下の骨)の内旋(O脚)と外方へのゆがみを軽く矯正!
これは殆ど痛みを与えない治療法です。

その後、股関節の上方、そして外方、内旋を治療して、
大きく後方に変位した右側の骨盤を調整。

帰りは足が着ける状態に改善した。
痛みはあるが、来院時は片足でケンケンしながら来られたが
帰りは自分の足で歩きながら帰られた。

この患者さんの膝は、若干変形が始まっている上に
O脚が大きい。さらに腰椎下部は、前方変位していた。

膝だけでなく、膝や股関節への神経は腰部より派生している関係で
同時に骨盤+腰椎の治療も必要になる。

膝だけの治療では完治はありえない症状である。
帰りはしっかり笑顔に戻っておられました。


佐賀県佐賀市兵庫町
ライフ・フィールドカイロプラクティック外来センター
2005-11-15 01:16 | カテゴリ:膝関節痛・O脚
ジャンル:ブログ テーマ:ブログ日記
【主訴】
2年ぐらい前より膝が曲がりにくくなり、膝周辺が腫れる。整形で水を数回取ってもらい薬を処方される。その後、週一回通院し電気とホットパック、若干リハビリを受診していた。診断名は変形性膝関節症。
整形では痛い正座は辞め、イス座りや足を伸ばした座り方をするようにアドバイスを受け、膝の曲げ伸ばし運動を継続するように言われていた。
日によって違和感の違いを除けば、膝に浮腫みが常時あり、水を抜くほどではないために医師も行わず。しかし、徐々に歩行も曲げ伸ばしも苦痛を感じるようになり、近くの知り合いより紹介を受けて来院した。

【その他の症状】
腰痛、足首の浮腫み、高血圧、肥満

【既往症歴】
特になし

2005-10-22 01:37 | カテゴリ:膝関節痛・O脚
【主訴】
今年の初め頃より右膝の下が痛み出す。
整形外科に見せるも成長痛との診断、病院では無理な運動を避けて負担を軽くするように指導!
治療は膝への軽いマッサージとホットパック、電気治療を受けている。
2ヶ月ほど通うも痛みは一進一退!
日によっては痛みが強く、紹介により来院!

【その他の症状】
アキレス腱や踵に違和感あり

【既往症歴】
特になし

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。