-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005-11-16 01:49 | カテゴリ:体の歪み
ジャンル:ブログ テーマ:ブログ日記
【1.正座による問題】の続きです。(前のはこちら
前回は、正座によるO脚形成と成長期へのマイナス要因を少し書きましたが、今回は具体的にどのような状態が正座によって発生するかを思いつくまま若干書かせていただきます。文章が前後するかと思いますが、その変はご勘弁下さい。

正座のイメージを描きながらお読み下さい。過去、私は何人ものO脚を改善してきましたが、変形性の骨形成や彎曲をおびた骨自体の改善には限界があります。O脚の多くが正座や他の座り方から影響されている事実をどのくらいの方がご存知なのか?心配です。
O脚形成は、目に見えない速度で着実に変化していきます。O脚と誰が見ても判断できるまでにそう期間は長く掛かりません。
子供の頃(2~3歳前後)は一度O脚を経由して、次にX脚になります。その後、通常の脚状態に戻るのですが、座り方がかなり関与しています。

私はこのことを20年前から提唱してきました。
私の言うことを忠実に守られ、正しい正座の座り方や正座を少なくすることで脚の長い、日本人離れした脚プロポーションのお子さんがおられます。
正座自体がすべて悪いのではなく、正座の仕方に問題があったのです。

では、正座による具体的な問題とはどのようなことなのでしょうか?

スポンサーサイト
2005-11-13 02:38 | カテゴリ:体の歪み
ジャンル:ブログ テーマ:ブログ日記
私達日本人の特有のお尻をつける座り方には、何種類かの方法があります。その座り方による歪みの形成と弊害を簡単に書いてみましょう。

1.正座(女性に多い)
2.あぐら(男性に多い)
3.横座り(女性に多い)
4.ペチャンコ須座り(女性に多い)
5.体操座り(女性に多い)
6.足伸ばし座り(女性、特に年配者に多い)
7.イス座りで膝を組む

男女の傾向については、当院の患者さんのパターンです。
女性に多い横座りでも男性の場合もありますが、圧倒的に女性に多い座り方です。

【1.正座による問題】
・O脚の形成(膝から下が外側によじれている)
・背骨の後湾(特に猫背)
・下腿骨(膝から下の骨)が欧米人に比べ短い
・骨盤の後ろへの傾斜

正座は日本古来の座する習慣ですが、この座り方はかなりの率でO脚を形成します。正座の方の足首を見ると、両足首の靭帯は引き伸ばされ、足首がグラグラしている方が殆どです。正座を長時間できるようになると、この靭帯が正座がしやすくなるために必然的に伸ばされてしまいます。同時にふくらはぎは正座の間、常に外側に捻られているために、両外側に曲がった印象を与えます。

幼い頃より正座をしていると、成長期の下腿骨の成長が若干、阻害されて短くなります。つまり胴長短足です。正座をしたときにふくらはぎには全体重が乗せられ、そのことによる血液循環が阻害されます。
成長期には全身の骨が伸びていきますが、常に体重圧迫を受けている下腿への栄養や酸素が不足しがちとなり、成長を阻害するのです。
ちなみにイスでの生活が多い方の下腿骨は阻害要因がさほどありませんので、その分、下腿骨も長くなるようです。毎日の行為が、それも成長期に継続して行われると身長や脚の長さにも影響しているのです。
成長期の子供さんは、必要最低限の正座に留めることが将来のプロポーションを決定付けます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。