-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005-10-22 01:37 | カテゴリ:膝関節痛・O脚
【主訴】
今年の初め頃より右膝の下が痛み出す。
整形外科に見せるも成長痛との診断、病院では無理な運動を避けて負担を軽くするように指導!
治療は膝への軽いマッサージとホットパック、電気治療を受けている。
2ヶ月ほど通うも痛みは一進一退!
日によっては痛みが強く、紹介により来院!

【その他の症状】
アキレス腱や踵に違和感あり

【既往症歴】
特になし


【検査】
・脚長差あり
・骨盤の左右の高さ、前後の歪みあり
・右股関節の外旋と下方への変位
・オスグッド部(脛骨粗面の隆起確認)
・膝蓋骨の上方変位と膝蓋靭帯の緊張あり
・同側の大腿四頭筋に過緊張(同側の腸骨後方変位)
・脛骨の前方変位
・足首の内反
・踵骨の下方変位

【治療】
骨盤の変位を矯正後、体バランスを確認
中臀筋と対側の広背筋によるアンバランス修正
膝蓋骨と股関節を矯正
この時点で主訴側の膝が楽に屈曲可能となる。
踵骨と内反の矯正を行うとアキレス腱の緊張も緩和
脛骨の前方変位は不要だったため矯正せず。
念のために大腿四頭筋テーピングを実施

2回目の治療時、オスグッド痛は出ていない。
月1回の継続治療を実施中、計4回治療をおこなったが再発せず!
ここで治療は終了!
再発の可能性もあるため、たまに治療に来るようにアドバイス
スポンサーサイト
秘密

トラックバックURL
→http://handmedical.blog33.fc2.com/tb.php/10-55b32913
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。