-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005-10-30 23:58 | カテゴリ:坐骨神経痛
ジャンル:ライフ テーマ:健康
【主訴】
平成16年2月頃より、左側の腰部に痛みが出始め、騙し騙し生活をしてきた。しかし、その後、左の臀部、太ももの裏、膝の裏側、ふくらはぎ、アキレス腱、足と症状が拡大してきている。
整形や整骨院などを経由し、紹介により来院!

【その他の症状】
生理痛

【運動】
ウォーキング

【既往症歴】
特になし

【観察&検査】
・脚長差あり
・左膝の反張膝
・骨盤の左右高さの違い
・骨盤の前後の歪みあり(MP:左AS-IN)
・肩の高さも左右差あり
・脊髄内圧の圧迫テスト陰性
・腰椎右凸面カーブで、L5:PRI
・SLR陽性
・仙骨SB(-)、SA-R
・胸椎T9~T12に左凸面カーブで後湾突出(頂点T11)
・左背筋の過緊張あり
・上半身はおおむね左側へ捻じれ、顔(頚椎)は右側に

【治療】
全身の硬さが見受けられる方でしたので、関節の可動性を回復する下肢への操作を行い、骨盤の矯正実施。すると、臀部~ふくらはぎまでの痛みは激減。まだ足とアキレスに違和感残る。
腰椎の変位を矯正後、違和感変わらず。但し、腰筋群の筋力は回復。
計6回の治療でほぼ完治の状態になるも、一番てこずったのは胸椎下部の歪みである。
どうしても姿勢が悪く、背中の後湾形成で突出再現!この部位の矯正と維持で腰部の問題は解決した。骨盤の矯正と維持にてメインの痛みは解消。下肢への痛みも再発していない。長年の生理痛も現在は皆無である。
現在、月に1回の頻度で受診されている。

【所見】
体の習慣的な姿勢問題がやはり大きく痛みやシビレ問題につながっていた。右膝の足組、左側への横座り、右側を下にしての横寝など、骨格上の歪みが習慣化している。
一時的には取れるが継続性がないため、体の使い方の指導を行った。日頃からの意識付けが功を奏し、歪みが戻りにくくなり痛みも出ていない。
スポンサーサイト
秘密

トラックバックURL
→http://handmedical.blog33.fc2.com/tb.php/23-36e26dc3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。