-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-04-17 20:03 | カテゴリ:身長を伸ばす
ジャンル:ブログ テーマ:ブログ日記
久々の日記更新です。

今年に入って、身長を伸ばしたいので骨格のゆがみを取って欲しいと相談される方が増えました。

確かに、しばらく治療を継続されて身長が伸びましたと報告される方がおられますが、100%伸びるわけではありません。

身長が伸び易い期間があるように、
思春期の頃には伸びやすく、年齢が増すにつれて身長も伸びなくなっていきます。まっ、これ普通です。
30歳になると、まず伸びる可能性はまったくありません。

男性で長く伸び続ける方で22歳ぐらいかな、個人差がありますのでもっと伸びる方もいるかも知れませんね。

女性で18歳ぐらいまでの方がいいですね。その後の20歳ぐらいまで伸びる人もいますが、伸びる率はわずかです。

ですから、身長伸ばしたい方、伸びる時期に伸ばせる環境を作っておかないと、、、、伸びませんよ。

話は戻って、、
体の歪みが身長を低下させている場合は、確かにあります。
矯正により若干ではありますが伸びることがあります。

しかし、この場合は伸びるとはいえないですね。
伸びたのではなく、もともと歪んでいた分、損していた身長ですから。


さて、身長はどうすれば伸びるのか?

・栄養
・運動
・遺伝
・姿勢

これらのバランスが大切です。

植物と同じで、やはり伸びるための栄養。
好き嫌いをせずに満遍なく食べることを最優先して下さい。
できるだけカルシウムやビタミンDを取るように心掛けて下さい。
野菜も種類多く摂取したほうがビタミンやミネラルが補給できます。

ビタミンDは、薬局にいくと肝油として売っています。
1日数粒でOKです。

骨が伸びるためには、適度な刺激が発生しなければ成長しませんので、何かの運動をすることを薦めます。
特にバレーボールやバスケットボールですね。
身長が伸びるスポーツですね。

遺伝は、両親の家系に依存していますので、何とも言えません。

姿勢は、日頃から背筋を伸ばすようにして下さい。
猫背姿勢は余計な圧迫が掛り、歪みの原因になります。
歪みが多ければ、伸びにくくなる可能性もあります。


伸びる要素がまだ残っているか?
中学や高校生は、まだまだ伸びる可能性大ですので、あきらめずに上記のことを徹底しましょう。

人生の内、わずかな期間です。身長が伸びるなら率先してやりましょうね。


骨が伸びる要素ですが、
これが大切なんですが、レントゲン撮影で確認することができます。

大腿骨や脛骨の端の部分に骨端線という部位があり、これが残っていれば年齢が行った方でも可能性はあります。

まっ、何でもあきらめたら終わりですね。


話は変わりますが、何が何でも伸ばしたい方
最近、成長ホルモン剤が市販されましたね。

これを利用することで、より伸びやすくなる事は間違いありませんね。
昔は、平均身長より20cm以下の方が、医療機関で検査され、承認されると使用できました。
同じものかどうか、分りませんが試す価値は高いですね。

でも、継続しないと効果はあらわれません。
成長ホルモン剤は、身長だけでなく、健康維持にも関わりが深く、健康管理にもうってつけです。

ご紹介しておきますね!

→ http://visiore.xsrv.jp/url1/ad63.cgi

→ http://visiore.xsrv.jp/url1/ad62.cgi

ほんと、いいものが誰でも手に入るようになりましたね。
試す方は、必ずしばらく使いましょう。

飲みだして、はい、明日から伸びます!というものではありませんが、継続することで効果があらわれてきます。

伸び易い時期に利用するのがコツですね。

スポンサーサイト
秘密

トラックバックURL
→http://handmedical.blog33.fc2.com/tb.php/55-7fab76ca
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。