-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005-10-21 01:17 | カテゴリ:スポーツ障害
【主訴】
毎日約10キロの陸上練習後(長距離選手)にスネの内側に痛みが発生。
その後、医療機関を受診、X-ray読影では少し疲労骨折の可能性があるとのこと。練習後に痛み部位のアイシングをしている。
またアキレス腱への違和感も感じている。

【その他の症状】
特にないが、あえて言えばO脚が気になるらしい。

【既往症歴】
特になし



【検査】
・下肢筋への筋力検査を行うと、確かに脛骨体の内方に違和感が発生
・膝蓋腱とアキレス腱反射は陰性
・アキレス腱は明らかに硬い
・脚長差あり5mm
・骨盤の左右の高さに差あり
・骨盤の前後の歪みあり
・左腸腰筋検査では陽性…腰椎神経陽性
・重心が左側に大きく傾斜(顔、肩の傾斜あり)
・上半身と下半身の捻じれあり

【治療】
骨盤の矯正を行い、脚長差を修正
腰椎のL4~L5の回旋変位を矯正
膝関節の可動確認後、膝蓋骨とともに矯正
足首の内反を矯正

【所見】
現在、4回の治療を行っているが、シンスプリントは現れていない。
L4~L5の変位も起こらず安定している。
筋力もしっかりと入る。
左脚の過伸展を再発しないためにハムストリングの強化中!
練習中も、かなり蹴りやすくなったとコメントあり。
最近、国体選出に選ばれたそうだ。
日頃の体の使用法をアドバイス。
日常的な体のアンバランスが思わぬ故障を作る。
(座り方、ゴロ寝、膝組など重要である。)
スポンサーサイト
秘密

トラックバックURL
→http://handmedical.blog33.fc2.com/tb.php/9-e824dba3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。